2005年09月08日

ホームページ制作

かざこしサイトの大特徴(10.12.4追加)
貴方がホームぺエージを更新したときに、貴方のホームページを気に入ってくれている人、気になっている人に更新があったことを自動的に届けることができるという点です。
皆様もたくさんのホームページを見ていて、このホームページは気に入ったと言うとき、お気に入りに入れてまた見てみようと言うことは良くあることだと思いますが、そのうちにたくさんのホームページが登録されてきますと、どこに登録したか忘れてしまったり、そんなホームページがあったことすら忘れてしまうことがありませんか。

貴方が一生懸命作ったり、お金をかけて素晴らしいデザインで作っても、また手間や金をかけてをかけて更新しても、お客様にはいつ更新されたかが伝わらないのです。

その点を解消できるのがブログの活用です。ブログにはrssと言う機能が標準的についていますので、これにお客様に登録の方法をご説明しておくことにより、お客様はRSSリーダーを起動したときに貴方の更新に気がついてくれます。ホームページを作ったけれど効果がないという場合は、余程素晴らしいオファーを提供してない限り当然と言えば当然です。

また、ブログが本体ですからインターネット接続されたパソコンがありさえすれば、世界中どこからでも更新ができると言うのも特徴です。

実際の作り方としてはホームページの目的をしっかり決めて取り組んでください。
●商店、農園など自営業の家では
●検索エンジンで△△村、町、市
スペース(空白)種業名で検索した時、1件ぐらいしか検索されなかったとしたら、貴方のお店はダントツ一位でお客様に来ていただける可能性がありますので、ぜひ調べてみてください。

この場合ぜひともホームページ作成を検討して頂く価値がありますので、もしそうだったらホームページ作成のチャンスです。

アクセスアップの対策はホームページ自体にも行いますが、ブログの中で記事上下にアクセスナビゲーションを組み込むことで1つの部から2つ、40ブログ作れば毎日80のリンクが張られて10日もすれば800のリンクが張られることになり、無料でトップの座を射止めることができるでしょう。呼び込みのキャッチフレーズと、商品紹介の文章にもよりますが、後は、お店の商品がお客様が必要としているかどうかにかかっています。

さて商用ホームページの場合、3つのタイプがありますので、どのタイプのホームページを作るのか、また、売ろうとしているものが生活必需品であるか、あった方が便利だとか楽しいものなのかをはっきりしてから作りましょう。3つのタイプとは、
1、ショウルーム型ホームページ(自分のお店の存在を知ってもらって、どんな商品があるか宣伝する)
2、営業拠点型ホームページ(ブログやメールを営業マンにして詳細説明をホームページでする)
3、店舗型ホームページ(ホームページでショッピングしてもらうお店)

ともかくホームページを訪れていただいたお客差に何をしてもらいたいかをはっきりさせる事です。
どのタイプにも共通していることは、自分のお店はなにを売ったり作ったりしているか。
お店の名前、特色は何か、営業日、営業時間、休日は何時か、場所はどこか、連絡先の電話、メール、FAX番号の明示、経営者の氏名、できれば顔写真。

営業型であれば、お問合せフォーム、店舗型ならショッピングカートをつけるなどです。

ホームページ更新はお客様自身でする。
特に大事なのは、最初はプロに頼んで作っても、次回更新からはお客様がチョコチョコ更新すると言う方法が大事です。これは、何か少しでも変更したいと言うことはよくあることですし、イベントをする、日程や内容変更をすると言う場合、また極めて急な休日を予定すると言う場合、業者任せではその都度お金がかかりますし、連絡すると言う手間がかかり小回りの効いた運営が出来ません。

お問い合わせを入れてくれた見込み客のお客様には、その後メールかメールマガジンでこまめなフォローをしてお客様になっていただく活動をします。

デザインについてですが、大手のようにしっかりしたデザインを作ろうとしますと、プロのデザイナーに頼むことになり予算が数十万円かかる場合があり、資金に余裕がある場合は良いのですが、そうで無い場合は、ホームページの役割からして、必要不可欠なことを載せてデザインに凝らないほうが良いでしょう。かざこしサイトでは、デザインに凝ったホームページを作りたいと言う場合は、提携している会社ウェブ総研にお願いします。数十万円かかります。

売り上げが上がりだして、予算に余裕が出来たところで、リニューアルすると言うのが堅実です。

ホームページをホームページビルダーなどを使い作るか、ブログを活用して作るかを決める。
特に凝ったデザインにしたいと言う場合は、自由にデザインできるホームページ制作ツールを使うことになりますが、一般的にこれを初心者であるお客様が更新しようとしてもとても無理と言うことがありますので、HTMLもCSSも知らないと言う人でも更新できるブログを利用したほうが極めて便利です。ブログの場合最初からウェブの専門家が骨格を作ってありますから、デザインにしても検索エンジン対策にしてもしっかりできていて、ユーザーは内容に神経を使えばよいだけです。

最も必要なことは、未知のお客様には貴方様のお店を知ってもらうことであり、既存のお客様には食堂なら日替わりメニューがあればそれを知ってもらうこと、野菜屋さんなら、今日入荷の商品紹介、配達をしているなら、持ってきてほしい商品の受け注です。朝デジカメで撮った写真をホームページに張り付け、商品説明をするだけで出来上がりです。注文ホームは最初に付けておきますので一々貼り付ける必要はありません。

目の回るほど注文が出てくるようでしたら、注文から出庫伝票発行、在庫管理まで一連で出来るシステムの構築と言うことにすれば良いのです。

●個人のホームページ

最近はブログが一般的になってきましたので、毎日の日記的なものならブログが良いと思いますが、研究成果であるとか、自分史などの公開にはホームページビルダーなど使ったWEBページが良いと思います。
ご老人の自分史の公開

ご老人が自分史を書きますと当然のことながら、私達の知らないご先祖様の中にこう言う人がいたとか、私の場合は、私の生まれ育った村の初代村長が母の曾お爺様であったこととか、母のお爺様の生き様は今の私に欠けている男気があり見習わなくてはいけないとか、いろいろのことが勉強になっています。また一族の人も母の自分史からいろいろのことを知ることができ喜んでいます。またこれらが好評でして、町の有線放送に取り上げられたり、四国のNPO法人のホームページで取り上げられたりして(橋本大二郎知事、加藤登紀子さんと並んで紹介されました)まさにご老人の活性化に大いに役立つと確信したものです。

ノウハウの公開、伝承されたお料理などの仕方を公開
現役の頃研究したことをノートにしまいこまないで公開することでそれを参考に新たな研究が進む可能性もあります。また地方独特のお料理についてもインターネット閲覧できるホームページで公開しておきますと思わぬ人に読んでもらえて役立つこともあります。また伝承されたお祭りなど、ともかく公開して世のため人のために使ってもらいたいものです。
 

日記の公開
今ではブログがありますが、母がホームページで日記をつけ始めた頃はブログというものが無く、また、ブロードバンドも無かったので市販ソフトを使い日記をつけ始めました。また、そのため独居老人で心配なところもあるのですが、遠くにいても母の様子が毎日分かるので子供達にとっても親類の人たちにも安心を与えています。


宏江始める 母の日記です。 


写真の公開など 
最近はブログも一般化してきたので、ブロードバンドで常時接続されていれば、ブログを利用し日記などの公開が簡単に出来ます。世界中で活躍している子供や孫に故郷の日々を知らせて活力にしてもらうこともできます。ミクシィなどはグループ限定で閲覧できますので、友達関係、家族だけと言うような公開の仕方をして、私の母などは曾孫の日々の成長を楽しんでいます。

ホームページは使い方が無限と言ってよいほどあります。皆様も使い始めてみますと、あれやこれやの使いかたを覚えると思いますし、こんな風にはならないかと考案されることも多くなることともいます。

ぜひ最初の一歩はかざこしサイトのご利用をお薦めします。低価で身近でご支援いたしております。

posted by かざこしサイト at 13:50 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

連絡先 電話 0265−23−9686 Fax  0265−23−9686 携帯 090−8846−9686 Eメール_ 〒  395−0048 住所 長野県飯田市滝の沢6990−69

                                   

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。