2010年12月09日

test

開設の目的
 更新情報   下記表の黒字は飯田営業所、赤字は辰野営業所関係

飯田市で長らく勤務した後早期定年退職をして、会社で培ったパソコンとインターネット活用で仕事をしようと、システムアドミニストレー初級国家資格を取得し6年ほどやってきましたが、母が89歳となり週の半分くらいは地元の辰野町にいたほうがなにかと役に立ち、その間、パソコンインターネットで地元の人達に貢献しつつ、生活資金に当てられたら幸いだと言うことで母の家を一部改造して開設することにしました。
今なぜパソコンとインターネットなのでしょうか?
世の中がおかしくなってしまい、私たちはなんらの行動に出ないといけないのですが、何をするにも、行動のきっかけは情報です。新しい情報に接し考え出した意見や見解を周りの人、関係する人たちに伝え、らせん状的に内容を高め一定の結論に達して行動に移る。また新しい情報が入った、状況になったり、技術的変化があってより効率的に生産できる情報が入ったら再度スパイラルを回す。いわゆるシナジー効果を得て元気な日本にしないとじわりじわりと後が無くなってきそうです。その時情報を大量にすばやく収集できたり、素早く伝えたり多くの人と共有できるのは現在ではインターネットの利用が最大です。

また小さな家庭においても、核家族化の進展でお祖父ちゃんお祖母ちゃんの大切な経験に基づく知恵が孫やひこ孫に伝わりにくくなってきているのではないでしょうか。インターネットがあれば貴方の貴重な経験に基づく知恵や知識という財産を、インターネットの世界に残して末代までも伝えることができます。血筋だけでなくもっと多くの人に伝えたいと思われたらそれも可能です。日本が危ないと言う今こそ日本人がバラけるのではなく、全日本人が知識を共有して、ネットワークで知恵を出し合い力をあわせていく必要があるのではないかと考えている次第です。
今なぜ農山村の人がやる必要があるのでしょうか。
TPP(環太平洋連携協定)に参加が計画されており、そうなりますと小規模農家の崩壊が予想されています。農山村に住む人達がいなくなり、限界集落さえも無くなれば、里山をはじめ、日本の面積の約3分の2(68%)は森林ですが、これらの維持ができなくなり都市部の水道の維持、大雨による洪水被害の防止も出来なくなってきています。

それは都会に住んでいる人が、新聞やテレビなどの報道で、漠然としか森林の維持保全の必要性を理解が弱く都会の人たちが農山村の重要性に気が付いていないということで大問題にならないのではないかと思うのです。

実際信州などのように山国に住んでいる人たちからの生の情報に接すれば格段に違ってくると思われます。

ところが、人生経験が豊かで山や川の重要性を十分知っている年配の人たちが、現役の頃、または現在であってもパソコンやインターネットに触れる機会がなく使えるものなら使ってみたいと思っていても、なかなか機会がなく、持っている力を十分に発揮できていない状況をよく見受けます。これでは宝の持ち腐れ、日本人の総合力を結集することは難しいのではないでしょうか。

しかしながら、そうした人たちにパソコンやインターネットを教えてくれるパソコン教室が田舎では少なく、また、働き盛りの専門的知識を持った人が生活をかけて教えていられるほどお客様が多くないと言う事情もあって、都会と田舎の情報格差は広がるばかりです。

なぜ辰野町横川のような山奥でもやるのですか?
そこで、60歳を過ぎ子育ても終わった国家資格もつ私が経営するかざこしサイトがご支援することにより情報格差拡大防止に少しでも寄与できるのではと考えた次第です。

川島は私の生まれ故郷で、今母が一人暮らしをしています。89歳になり2ヶ月に1回の病院通いの時にゴミ捨てなどしているのですが、母も高齢になって生ごみを外のコンポジットに捨てに行くのも大変そうで、もっと頻繁に飯田から来る必要を感じていました。そこで思いついたのが、母の家を少し改造してパソコン教室として使わせてもらえれば、低価格で皆様にご提供できるということです。
ところで料金の方はどのくらいするのでしょうか。
飯田ゆめみらいICTカレッジのワード、エクセルの学習は、2時間単位で2520円(1時間当たり1260円)と言うことですし、有名教室では、1時間当たり、2200円ぐらいからということですので当サイトも同じようなもので、今までの出張ご支援は1時間当たり1,800円からですが、辰野営業所の集合教室では1時間1,0000円とお安くなっています。当サイトの場合経験から、集合教室でついてこれなかった場合を考え、または今日は都合が悪くて短時間しかできないが、明日は都合が良くて2時間以上できると言う場合、一律に2時間単位での消しこみを行わず、10分単位で消しこみをしますので集合教室を休んでしまった、遅れて出席したというような場合時間をずらしたり、日を変えて勉強できるということで大変お得です。また集合講習は、多くても5人以内ですので目がいきわたりやすく、ついてこれなかった場合はその日の延長でも他日でも補修をいたします。ですから途中で放り出すということがありません。

集合教室のみと言う場合は、都合で1回でも出席できないともうついていけなくなり断念するというケースが多いのです。

そういう意味で大変お得な方式だと確信しています。
特徴  はあるのでしょうか。

チェックマーク.jpg
 
  エクセル、ワードを一から勉強するのではなく、実用的な使い方から入り更に深くは必要に応じて勉強してもらいます。最初からエクセルやワードを勉強しても会社や地域の役員でもしていない限り使い道がほとんど無くてそのうちに忘れてしまう可能性が高いのです。
  
posted by かざこしサイト at 13:52 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

連絡先 電話 0265−23−9686 Fax  0265−23−9686 携帯 090−8846−9686 Eメール_ 〒  395−0048 住所 長野県飯田市滝の沢6990−69

                                   

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。