2009年02月25日

ネットワークの時代に生き残るには

ネットワークと言う言葉が広がっています。国や地方自治体、大企業でネットワークを構築していない事例を見つけるのが大変なほど発達しています。私達個人にしても、この便利さを使わない手はありません。

このネットワーク構築は従来一人当たりのコストが数万円かかり、小さな組織では作るのが不可能に近かったのですが、ブログと言うものが発展してきて、これを使えば無料で構築することができるようになったのです。

自治体が全住民に対してネットワークを作ってくれれば、自治体内の情報の共有化、各種施設の予約、行政や議会とのやり取り、意見の交換等々今のように資料を配布して、各種意見を一方的に流したり、住民の意見をばらばらに吸い上げるのではなく、多くの人の意見を読みながら投稿し、その意見に対する他の人の意見を見て再度投稿してスパイラル的に市民の意見を高めていき最終的にその意見の集約を見て行政、議会が判断を決めると言うことができます。今問題になっている癒着だとか、談合と言うことが入る余地は少なくなってきます。

こう言うわけで、小さな企業、組合、町の商工団体、農村の小自治体、同好会どんな組織であろうと、複数の人が関るところでインターネットによるネットワークが出来ていれば、情報の共有化ができて、膨大な情報も俺は知らなかったと言うことが無く、メンバーが同一の情報に基づき判断ができ、意思統一もしやすく、メンバー間で一致した行動に移りやすくなると思います。

これからの経済が不透明さを増し、それに伴い人々の利害が一致しにくくなることが予想される中、ネットワークで不毛な勘違いや、異なった情報での判断違いをなくしすばやく行動に移るにはネットワークの構築が大変重要だと思います。これについてもかざこしサイトはご支援出来ます。ご利用ください。
posted by かざこしサイト at 17:53 | 長野 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

連絡先 電話 0265−23−9686 Fax  0265−23−9686 携帯 090−8846−9686 Eメール_ 〒  395−0048 住所 長野県飯田市滝の沢6990−69

                                   

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。